木村拓哉『教場』が連ドラ&映画化へ!9年ぶりのフジ月9で譲らない“視聴率男”の称号
木村拓哉『教場』が連ドラ&映画化へ!9年ぶりのフジ月9で譲らない“視聴率男”の称号
 木村拓哉(49)が動画サイトGYAO!の番組『木村さ~~ん!』で行った堂本剛とのコラボが話題を呼んでいる。 【写真】静香とのツーショットをしれっと解禁! まるでシンクロな夫婦のサーフィン 「剛さんは木村さんが運転する車に初めて乗ったそうで、大興奮。貴重な共演にファンも喜んでいましたね」(スポーツ紙記者)  公私共に充実する木村だが、来年あの話題作の続編放送が決定したという。 「2020年と2021年の新春にスペシャルドラマとして放送された『教場』が、来年4月のフジテレビ月9枠で連ドラ化することが決定しました」(フジテレビ関係者)  これまで主演ドラマで着用したエンジニアブーツやダウンジャケットがブームになるなど、ファッションでも多大な影響を与えてきた木村。『教場』は、そんな彼が“カッコいいキムタク”を封印したことでも話題になった。 「原作は、警察小説の新境地としてベストセラーとなった長岡弘樹氏の同名小説。木村さんは白髪姿で警察学校の鬼教官を演じています。生徒役には川口春奈さんや林遣都さんら豪華キャストが顔をそろえたこともあり、視聴率15%を超えるヒットとなりました」(テレビ誌編集者)  高視聴率に手応えを感じたフジは、2年連続でスペシャルドラマを放送することに。

1度目のオファーを断った木村

「第2弾も上白石萌歌さんや眞栄田郷敦さんといった人気俳優たちが生徒役を熱演。ミステリー要素も交えながら、生徒たちの成長する姿を描き、こちらも13%超えの高視聴率をマークしました」(同・テレビ誌編集者)  立て続けでヒットしたこともあり、早い段階で連ドラ化の話が進んでいたという。 「フジは昨秋の木曜10時枠で連ドラ化できないか、木村さん側にオファーしていました。しかし、新春にスペシャル版を放送したばかりだったこともあり、そのときは断られてしまったそうです」(前出・フジテレビ関係者)  昨年9月に週刊女性が『教場』の演出を手がける中江功氏に直撃したときは、 「いろいろな可能性のひとつとしてやろうとしていましたが、本格的には決まっていませんでしたよ」  と、連ドラ化の計画があったことを認めたのだった。

おすすめの記事