レイド周回時はパーティを組むほうが短時間で周回することができます

レイドで使用できる「おうえん」は、効果が強力なので積極的に利用しましょう。とくに防御応援と回復応援は重要で、味方のHPや耐性をみながら使うと瀕死にならない立ち回りができます。

最強レイドは何度でも挑戦できますが、捕獲ができるのは1匹につき1回だけです。2回目以降は捕獲できずアイテム報酬しかもらえないので、最強レイドを周回しても複数の最強のポケモンを入手することはできないことには注意しましょう。

テラレイド星5~星6には、強いポケモンがたくさんいます。例えば電気サザンドラは、特性ふゆうによって弱点がなくなり、ちょうはつをもってるのでバフデバフも効きません。

レイドバトルではアタッカーだけでなく、敵の攻撃を軽減したり、味方のアタッカーの火力を強化することができる「サポーター」のポケモンがとても重要です。アーマーガア、ブラッキー、ヤレユータンなどはほとんどのレイドバトルで活躍できる汎用性の高さを持つので、1匹育成しておけば多くのレイドで使い回すことができます。特に最初のうちは複数のレイド用ポケモンを育てるのは厳しいので、最初はレイド用のサポーターを1匹育成しておくと、マルチでの挑戦時に1匹でたくさんのマルチに参加できるのでおすすめです。

レイドバトルは、攻撃技を連打するよりも、一撃で大ダメージを与えるべきです。長時間戦うことで他ポケモンが瀕死になると、制限時間オーバーで負けてしまいます。

レイド用ポケモン、特にアタッカーは持たせるアイテムも大事です。補助技と火力を両立できるいのちのたま、回復技を持っていないポケモンがHPを維持するためのかいがらのすずは特に重要で、アタッカーにはたいていどちらかのアイテムを持たせることになるでしょう。サポート役は比較的持ち物が自由なので、敵に行動を妨害されないよう「おんみつマント」などをもたせるのがおすすめです。

星5レイドであればソロ周回は余裕なので、星6以上のレイドを周回する時は野良メンバーや友人を誘って、マルチプレイで挑戦しましょう。

レイドバトルで使う場合は基本的に調整をする必要がなく、耐久力と火力に極振りするのがおすすめです。特定の相手に対して使う場合は防御や特防にしたいですが汎用性を重視する場合はHPに振ると良いです。

レイドイベントの結晶は虹色に発行しており、マップ上でも通常のレイドとは異なる表示となっています。

レイドバトルでは、珍しいポケモンや生息地域が限られるポケモンが登場することがあります。図鑑埋めついでに報酬をもらえてそこそこ美味しいので、図鑑埋め目的なら積極的に挑戦しても良いでしょう。

レイド周回時はパーティを組むほうが短時間で周回することができます。汎用性があるパーティが組めれば、フレンドと一緒に高速でテラピース集めや最強レイド周回ができるので、フレンド4人とそれぞれ役割分担したパーティを組むようにしましょう。

★6のテラレイドバトルは、剣盾のマックスレイドバトルよりも相手ポケモンが強く、しっかりと育成し対策を怠らないとなかなか勝つことはできません。

最強のミュウツーはこれまでの最強レイドとは別格の難易度を持ち、特殊行動以外での積み技をしようしてくるというまさかの要素で苦戦必須でした。ミュウのみ特別な補正で全能力が大幅に上がったので、クリアのためには実質ミュウ必須、さらにワンパンは不可能という難易度の高さです。ミュウは覚える技が豊富なので、むしのていこうで特攻を限界まで下げつつ、アタッカーミュウを複数のサポートミュウで全力サポートすることで攻略が可能となっていました。

DLCで新しくキタカミ地方のポケモンが追加・復帰したので、レイドに適性があるポケモンが増えています。耐性が優秀でソロ向けのイイネイヌやヤバソチャ、火力が高いヘラクロスやクワガノン、サポート性能が優秀なキチキギス・アローラキュウコン・ピクシーなどが追加されているので、今後のレイドに向けて育成準備を整えておきましょう。

テラレイドは、味方がひとり瀕死になると制限時間が減少します。従って、弱点を突くほかに、敵から効果ばつぐんを受けないポケモンを選ぶことが重要です。

おすすめの記事