meo 対策検索どーん

meo 対策検索どーん

結論から言いますと、MEO対策は自分で対応することも可能です。

株式会社トリニアスは、Googleマイビジネス運用代行、Goolgeストリートビューや口コミ、そこからつながるランディングページの制作をMEO対策として提供しています。

MEO対策ツールの導入には、デメリットもあります。デメリットは次の2つです。

MEO対策では、Googleの検索で上位に表示されるキーワードの選定が重要な役割を持っています。そのため、見込み顧客が来店しようとしているときに検索するキーワードの調査が重要です。的外れのキーワードで対策しても、上位表示は狙えません。

そのため、競合相手が少ないことで成果が素早く出やすいような店舗でも、予算内に収まるようにできます。MEO対策業者の支払い方法を選ぶときは、契約期間はもちろん、すぐに成果が出そうかどうかによって判断するようにしましょう。具体的には、短い期間で成果を目指すのであれば月額固定制、上位になるのに時間がかかる場合は成果報酬型を選ぶことがおすすめです。

ここは、医療関連施設のMEO対策に特化しているという特徴があります。ローカルパック内の上位表示において、競合他社を参入させず、大手医療機関にも導入実績があることも特筆されます。

MEO対策はSEO対策よりも、比較的簡単に取り組むことができて、早く成果がでるので、店舗事業者にはおすすめです。また、複数店舗を一元管理して、業務の効率化が図れることも魅力でしょう。

「マップでアップ」は、360株式会社が運営するMEO対策ツールです。GoogleマップだけでなくAppleマップを含む10以上のマップに対応しているので、デバイスに因らない幅広い層へのアプローチが可能です。掲載順位にかかわらず初期費用しかかからないのも魅力です。

MEO対策ツールは、Googleマップ上の自社表示を最適化するツールで、自店への集客効果を高めるのに欠かせないツールです。GBP上の投稿や口コミなどを的確に管理・運用し、競合店の分析なども行えるため、効果的なMEO対策を効率よく行えます。MEO対策ツールにはさまざまな機能があり、SNSと連携できるものや、Googleマップだけではなく、トリップアドバイザーやUberなどのプラットフォームに対応しているものもあります。ツールを選ぶ際には、自社の業態に合ったものや事前に決めておいた目的に適したもので、予算内におさまるものを選ぶとよいでしょう。

On map eyeは株式会社エフェクチュアルが提供するMEO対策ツールです。順位測定に特化したツールで、指定したキーワードでの検索順位をシステムが自動監視してグラフ化してくれます。

結果が出なかったことに関して問いただそうとしても、さまざまな言い訳をされ、お金の無駄になるケースもあります。利益を生むはずのMEO対策が赤字になってしまわないよう、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

豊富な実績と経験をもとに、強みであるSEOを組み合わせた施策や、各種SNSの運用サポートも可能です。1か月だけの利用も可能なので、契約期間の縛りなく試してみたい企業や、MEO対策をまとめて依頼したい企業におすすめのサービスです。

株式会社ケイビーカンパニーは、アメリカで開発されたAIツール「Yext」を取り入れた「ドーン・アイデンティティ」を活用したMEO対策を提供しています。

これからMEO対策を始めようとしている企業担当者の方が、より効果的なWEBマーケティング施策を検討する上で参考になれば幸いです。

Gyro-n MEOは、株式会社ユニヴァ・ジャイロンが提供しているMEO対策ツールです。初期費用なし、最低契約期間なしで1店舗月額1,500円からと気軽に使用できる価格設定です。

おすすめの記事