鉢巻神速カイリューは 努力値HA極振りがおすすめです

鉢巻神速カイリューは 努力値HA極振りがおすすめです

カイリューは他のドラゴンタイプと比べて、特性の「マルチスケイル」によって「りゅうのまい」を積みやすいポケモンとなっています。

カイリューは「じしん」と「テラバースト」以外は接触技を使用する機会が多く、「ゴツゴツメット」での削りが有効な場面が多いです。カイリューを予め「ゴツゴツメット」で削っておくことで「マルチスケイル」を無効化しておきましょう。

鉢巻神速カイリューは、努力値HA極振りがおすすめです。基本的にはしんそくで攻撃することがコンセプトなので、素早さに努力値を大きく割く必要はありません。

カイリューの夢特性を活かした、全抜きも狙えるスタンダードな育成論です。防御や特防に努力値を振ることで、4倍弱点である氷タイプさえも耐えつつ、安全に竜舞を積むことができます。

カイリューは高い攻撃力をさらに活かすために、半減されづらく通りの良い飛行技をテラスタルで強化するのがおすすめです。受けられる範囲は少し減るものの「ダブルウイング」が今作にもあればかなりの威力を出せるほか、「はねやすめ」を使うとノーマルタイプ扱いになるのでマルチスケイルを活用しやすくなります。

鉢巻神速型のカイリューは、もともと高い火力を「こだわり鉢巻」で更に高めた型です。ノーマルテラでしんそくの威力が上げるため、先制技とは思えないほどの火力を発揮します。

カイリューは、攻撃に努力値を振らない場合は、複数回の竜舞積みが必要です。立ち回りに不安がある場合は、攻撃に努力値を振り1積みでの突破力を高めましょう。

「ほのおのうず」で相手をキャッチし、定数ダメージを与えることで相手の体力をじわじわと削ります。相手の交代を封じることでカイリューを受けてくる物理受けを「アンコール」と合わせて封殺する動きが可能です。

ほのおのうずカイリューは、積みポケ相手にはアンコールを打ち、羽休めで回復→マルスケを再起動させる動きが基本です。電磁波持ちであれば、羽休め連打→隙を見て炎の渦を放ちます。

ただし、炎テラスタルや鋼テラスタルのカイリューが環境に多く、完全に対策はとれません。見せ合い時に、フェアリーを見せてもカイリューを選出してくる場合は、テラスタルを警戒しましょう。

カイリューの「しんそく」を意識して、採用しているアタッカーのテラスタイプをゴーストタイプにしておくことも有効です。

カイリューは、受けるダメージが半減する強特性「マルチスケイル」を持ちます。特性によって「竜の舞」を詰める機会が多く、技範囲も広いことから対面性能が高く、最強ポケモンの一角です。

カイリューの強みである「マルチスケイル」は、体力が満タンの時しか発動しない。ステルスロックで削っておけば、自慢の高耐久を無効化しつつ攻撃できる。

環境に多いHBウルガモスも確定2発で倒せるほどの火力を持つため、ノーマルテラスタルカイリューの終盤全抜き性能は、全ポケモンのなかでも非常に高いです。

カイリューは特性の「マルチスケイル」を活かせば、抜群打点であっても受けきる耐久力を持ちます。相手が積み技を使用した場合は「アンコール」で縛れることから、相手の物理アタッカーを止める動きが可能です。

おすすめの記事