sv リザードン

sv リザードン

サンパワー型のリザードンは天候を一度晴れにする必要がありましたが、この型のリザードンは天候に関係なく活躍できます。一度天候を変える手間もないので、そういった意味では使いやすい型とも言えます。

なお、本イベントで出現する「最強のリザードン」は1つのセーブデータにつき、1匹のみ捕まえることが可能(前の期間で捕獲済みの場合は再度捕まえることができない)。ただし、捕まえた後でも、期間内であれば黒い結晶のテラレイドバトルに参加し、報酬を受け取ることができる。また、「最強のリザードン」は後のイベントで再出現したり、今後別の方法で出会えるようになる場合があるとのこと。

サンパワー型のリザードンは、その特性をフルに活かすために晴れパとして起用するのがおすすめ。コータスは今作で唯一特性「ひでり」を持っており、晴れパには欠かせない存在です。他にも、特性「ようりょくそ」によって素早さが上がるうえにほのお技も撃てるスコヴィランや、特性「こだいかっせい」により晴れの時に一番高いステータスを上げられるトドロクツキを含めた古代ポケモンと組み合わせても強力です。

本イベントは、通常よりも特定のポケモンが出現しやすくなったり、特定のテラスタイプを持ったポケモンが多く出現するというもの。今回は期間中「最強のリザードン」が出現。リザードンは本作において、通常では出会えないポケモンとなっており、黒い結晶のテラレイドバトルからドラゴンテラスタイプで登場する。

物理型のリザードンは攻撃が少し足りないため、りゅうのまいを使って攻撃と素早さを上げて戦おう。耐久が高いポケモンではないので、有利対面を作って安全に積むのがオススメ。

岩4倍のリザードンにはステルスロックが非常に効果的です。撒くだけでHPを大きく削ることが出いる他、リザードンの行動を制限することも可能です。

リザードンの弱点であるいわやみずタイプに対抗できるように、草タイプのポケモンを組み合わせるのがおすすめ。特にキノガッサは、くさタイプのうえキノコのほうしにて起点作りも行えるので、非常に相性が良いです。その他だと、高火力くさタイプ技を撃てるマスカーニャや、起点作りに長けたオーロンゲもおすすめとなっています。

サンパワー型のリザードンは、天候を書き換えることで対策ができます。カバルドンの「すなおこし」や、ぺリッパーの「あめふらし」など特性によって天候を変えるポケモンを持っておくと、対策しやすくなります。

リザードンは岩タイプが4倍弱点となっており、ステルスロックを撒いておくとかなりのダメージを与えることが可能。サンパワー型もりゅうのまい型も起点になるポケモンが必要なため、ステルスロックを持っているポケモンにて簡単に対処できます。

リザードンは火力と素早さが高めなのに対して、耐久値は低めで4倍弱点の岩タイプの攻撃を受けるとほぼ確実に落とされてしまいます。なので、テラスタルを行なって、弱点を補填しながら戦うと、リザードンを温存させつつ戦えるのでおすすめです。

リザードン最大の弱点はやはり岩4倍というところにあります。タイプ一致技でなくとも、リザードンの攻撃を耐えられるポケモンに岩技を仕込んでおくだけで対応しやすくなります。

ポケモンSVにおけるリザードンの色違いと入手方法です。ポケモンSVリザードンの技構成や夢特性、種族値、弱点タイプ、努力値、性格・特性など育成に役立つ情報を掲載。

リザードンは素早さ種族値100のポケモンで、全体から見れば早いが高速アタッカーとは言えない。素早さが近いボーマンダやガブリアスなどに負けないように、ニトロチャージで素早さを上げよう。

リザードンは素早さが高く、火力も高いポケモンだ。耐久面は並程度しかないため、先制技や素早さの高いポケモンで、攻撃を受ける前に倒しきるのがオススメだ。

おすすめの記事