DLC後編で出現する伝説ポケモンは 色違い厳選ができません

DLC後編で出現する伝説ポケモンは 色違い厳選ができません

準伝説ポケモンは、もし倒してしまってもゲーム内時間で1日経つと復活する。誤って倒してしまったら、次の日に祠へ行って再戦しよう。なお、ゲーム内で時間が過ぎるのを待たずとも、Nintendo Switch本体の時間を進めれば復活するので、手早く再戦したいなら本体時間を変更すると良い。

ポケモンSV(スカーレットバイオレット)の伝説ポケモンの入手方法・出現条件などを一覧で掲載しています。準伝説の捕まえ方や各ポケモンのタイプや出現レベルなどもまとめているのでぜひご覧ください。

ポケモンは、Nintendo Switch用RPG「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝 後編・藍の円盤」において登場する伝説のポケモンの情報を公開した。

フィールド各地にある杭を抜くことで祠の封印が解け、「チオンジェン」などの準伝説ポケモン4匹を入手することができます。

おやつおやじ(おやつおじさん)は、伝説のポケモンに会えるイベントを発生させる人物です。ブルレクミッション10回達成、もしくはサークルミッションを達成させた後に話しかけることで、伝説ポケモンを出現させるおやつがもらえます。

ポケモンスカーレットの舞台はスペインで、スペインにはバスク神話が伝承として残っているので関連した要素が盛り込まれる可能性は高いです。

他のポケモンのサポートの軸となる伝説のポケモンや対応できる範囲が広い相性補完に優れる伝説のポケモンはパーティに入れやすいです。コンボ前提となるポケモンはやや採用しづらい面もありますが、パーティに採用しやすく組めるポケモンが多い伝説のポケモンは特に高く評価しています。

ダブルバトルでは片方のポケモンでテラスシェルを1度発動させてから本命の攻撃を通したり、ワイドガードによってステラフォルムのテラクラスターを無効化したりと、シングルバトルにはない駆け引きが生まれるかもしれない。

藍の円盤で入手できる伝説のポケモンは全般的にレイドバトルには向いていません。カイオーガはどのレイドでもゴリ押しクリア可能、レックウザも天気無効やサポート能力が優秀なのですが、積み技が少なく意外と火力を出しづらいので、伝説のポケモンを考え無しに最強レイドに投入するのはおすすめできません。

ホウオウとルギアが全ポケモンでもトップクラスに高い特防を持っています。これよりHPが高いポケモンはHPが低いデオキシス、耐性面が貧弱なレジアイスしかいないので、実質的な特殊耐久ではトップクラスに高いポケモンとなっています。

藍の円盤では、メロエッタも入手できます。他の伝説ポケモンと入手方法が異なり、おやつおやじからおやつを貰うことが出現条件ではありません。

DLC後編で出現する伝説ポケモンは、色違い厳選ができません。SVでは通常色しか出現しないので、色違いが欲しい場合は過去作やGOで捕まえ、ホームと連携して連れてくる必要があります。

学校最強大会は藍の円盤クリア後は相手が強化されるので、これまでのようにニンフィアでの対策を行うのは難しくなりました。禁止級伝説は素のスペックの高さでの対策ができるので、金策を学校最強大会で行う場合は、伝説のポケモンを捕獲・育成して行いましょう。

DLCの伝説ポケモンは、Switchの本体設定の時間を変えれば、すぐに復活します。復活のためには、1度ソフトを終了した後に、Switch本体の時間を24時間経過させる必要があるので注意しましょう。

伝説ポケモンはその地方特有の神話がモチーフになっていると言われており、ポケモン剣盾のザシアンとザマゼンタは北欧神話の「スコルとハティ」、ダイヤモンドパールのディアルガとパルキアは日本神話の「スサノオとアマテラス」がモチーフとされています。

おすすめの記事