クリニック meo

クリニック meo

Googleビジネスプロフィールでは、ユーザー(多くの場合は患者さん)がクリニックに対して星評価や口コミを投稿できます。評価の平均点が高く、好評価のコメントが多い場合、他のユーザーにも好印象を与え、来院につながる可能性が高まります。

MEO対策はクリニックの集患戦略に欠かせない手法ですが、いくつかの注意点もあります。ここでは、特に知っておくべき注意点を3つ解説します。

MEOで表示されるのは上位3位までと制限があります。4位以降のクリニックを見る場合は「さらに表示」というボタンをクリックする必要があります。

本記事では、クリニックのMEO対策について、基本から実際の活用方法まで詳しく解説します。これからMEO対策に取り組もうと考えている方はぜひ参考にしてください。

SEO対策だけではなくMEO対策のサポートも行ってくれて、クリニックに特化したノウハウをもっているため安心して制作を任せられるでしょう。なお、SEO対策とMEO対策の対策ワード数によって価格が変わるので注意してください。

検索時に上位表示されると、必然的にユーザーから見られる確率が高まります。それに伴い、クリック率も高くなるので結果的に集患へと繋がるのです。特に、競合が多いエリアのクリニックにおいて、上位表示されるのは非常に大きな意味をもちます。

ポータルサイトに掲載することで広告・宣伝をするクリニックも多くあります。こちらは認知度が高くなるメリットが期待できますが、掲載料が高額であることがデメリットです。

実際にMEOprimeにご依頼いただきました内科医院・クリニック様の選ばれた検索キーワードがちゃんと上位表示されているか見てみましょう。

活用事例:歯科クリニックでアクション数228%UP、婦人科クリニックで表示回数が500%UPなどの実績。全国に100店舗を展開する美容クリニックでは、検索上位3位以内に表示される割合が50%から80%に上昇。

MEOでは純粋にターゲットである患者さんの地域にあるクリニックのみが競合となるため、比較的対策の成果が出やすいとされています。

クリニック名での検索時や、「エリア+診療科目」で検索をした際にGoogleマップが検索結果の上位に来ることが以前に比べて多くなったと感じることはないでしょうか?

一方、予期せぬ低評価や患者さんから指摘を受けることもあります。その場合でも、丁寧に返信し、反省の姿勢や改善への取り組みを伝えることが大切です。これにより、クリニックの信頼性と透明性が高まり、患者さんとの信頼関係を築くことが可能です。

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。
2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。

さまざまな分野でIT化が進んでいる現代社会ですが、医療機関においてもIT化はまったなしです。特にクリニックの集患においては、MEO対策による検索結果の上位表示が非常に有効になってくるのが現実です。
とはいえ、そもそもMEO対策とは何のことなのか、詳しく分からないという方も少なくありません。当記事ではMEO対策の意味やSEO対策との違いについて、また、MEO対策を行なうことのメリットについて、詳しく解説していきます。

クリニックの集患とMEO対策との繋がりがよく分からないという方も多いでしょう。ここからは、クリニック集患におけるMEO対策の重要性について説明していきます。

おすすめの記事